占星術や心理学を学んで得たこと

私は、占星術や心理学を学び人生が大きく変化しました。

最近では、3000万円の現金が入ってきたり、サラリーマン時代の年収が3か月で達成されたり、コロナ騒動で大変な事になっている中でも沢山の人に支えてもらい、助けてもらいながら未来の目標の為に活動していくことが出来るようになりました。

なぜこのような変化が起きたのか、自分の人生を振り返りながら、占星術と心理学を組み合わせた運命美容のメソッドが、どのように役立ったかを紹介していきたいと思っています。

 

私は、5年前ほど前に、会社で心身共に一番苦しい時に、インド占星術(ジョーティシュ)と呼ばれる占星術に出会いました。

占星術を学んで、自分自身の運気が見えるようになった時に、過去の出来事について納得出来たり、なぜ現在がこんなに辛いのか、そして、未来に不安でしかたなかったのですが、その中に希望を持つ事が出来るようになりました。

そして、ここ数年ほど前から自分でも体感できるくらい流れが変わり、最近は色々な事が次々と実現していく速度が加速しているような感覚を体験してきました。

では、占星術の流れと合わせて、私のストーリーを紹介させて頂きます。

占星術で振り返るストーリー

学生時代から振り返って行きたいと思います。

【学生時代】

私自身の家庭環境としては、
祖父母との同居でブドウ自営農家、毎日毎日、両親の不仲で大ゲンカが勃発する光景と、祖父母と母の苦しいやりとりや自営農家のハードワークを見て育ちました。
両親のケンカの原因は、長男である私のちょっとした言動や行動が理由になることが多く、そのため、自分の自己価値も低く、どうしたら死ねるかの方法ばかり探していた気がします。

高校では、卒業したらすぐに就職して家を出る予定に考えていましたが、母親が占いを受け、私が大学に行くことになり、
すこし状況が変わりました。

※この影響はホロスコープでも出ていました。
月がラーフと火星のダブル凶星から焼かれ傷つけられています。

【月の運気の時期(学生)】

私は19歳のとき、今から14、5年ほど前に大学の図書館で心理学の本に出会いました。

理系でコンピューターを専門にする大学に通っていたのですが、
図書館で心理学の本を読み漁っていました。

周りの友人からは
「なぜ理系の学校で心理学?」
という不思議がられた感じで、ほとんど理解されませんでしたが、

ジョーティシュを学んだ後に検証すると、月の時期でまさに心を見る時期に切り替わったタイミングでした。

吸い込まれりように必要な時期に心の勉強で必要なことをしていたことに驚きました。

【月の運気の時期(社会人)】

めちゃくちゃしんどかったです。

今考えると思い出したくもないですが、
よくやっていたなと思います。

平日は仕事。
基本的に朝7時には出勤、夜の24時前後に帰宅。

そして休日には、
当店のサロンやスクールの資料作成やイベント事務準備などの仕事をする。

というような状況でした。

入社したばかりの時期は仕事のプレッシャーも少なくて、
順調に職務ができていたのですが、

3年、5年、7年と経過しても、毎年職場に新しい人員が補充されず、
雑用はそのままにも関わらず、

仕事での責任は増えていき、

通常業務を行った後に、
雑用までこなすという謎の状況になっていました。

会社のストレスと、ハードワークで深夜帰宅で疲れが取れない不規則な生活で、体重は7年間で10キロ以上増えました。

※1室に星が固まっている影響で体力があり、元々身体が強い傾向のおかげで乗りきれていた様です。

何度も直属の上司に辞める相談をしましたが、
このプロジェクトが終わるまでは…
など引き止められて中々辞めることが出来ませんでした。

ちなみに、月の10年の期間で、様々な勉強に投資をしました。
アフェリエイトやインターネットマーケティングの勉強、
インターネットプログラムやシステムの勉強にチャレンジしましたが、全部挫折しました。

ただし、マンションだけは購入できました。

偶然にも最終募集の少し手前で、
抽選の結果無事に購入まで進み、
資金も親が支援してくれる形で
とんとん拍子に進んでいきました。

※月が4室にある影響かと思います。

【火星の運気の時期】

月の運気が終わりに近づいてくると、
総決算だと言わんばかりの
今までの以上の試練でした。

月の残業時間が140時間を超え、
プロジェクトが遅延し、休みの日も出勤して、 30日連続勤務を越える月もありました。

心身共にダメージが来るような限界ギリギリ状態、毎日フラフラになりながらやっていたのですが、
プロジェクトが一区切りついた時に
一気に凄まじい転機が目の前にやってきました。

先輩・上司が次々と退職。
私自身もはじめて部署の配置換え。

ドタバタと総入れ替えが起こり、
何も思い残すことなく、もう全てやりきったような感覚になり、
上司からの了解は得られませんでしたが、
もう気持ちが完全に折れており、
なんとか退職させて頂く事が出来ました。

その時がちょうど火星期の切り替わりの時期でした。

これで楽になるのかな?と思っていたのですが、
そうは行きませんでした…(笑)

切り替わってから1年2年は
慣れない環境で四苦八苦する日々が続いていました。

転機が少しずつやってくるように…。

そんな中でも、
すこしでも改善しようと努力を続けていくうちに

昔一緒に学んでいた仲間が手を差し伸べてくれたりするようになりました。

そして、今年になりマンションが売れたり、
コロナ騒動にも関わらず、
多くのサポートを受けながら、
ソフト開発や今後のオンライン展開へのビジョンが見えてきました。

マンションが売れて、三千万円の現金を得たのは
火星と土星の組み合わせの時期です。

火星が10室に在住し、4室に影響しています。
また土星が11室に在住し、1室と2室に影響しています。

なので土地、家屋、車などでの達成や財産という形にもなります。
仕事でも今成果が出やすい時期になっています。

運良く当選し、物件の立地の良さや周辺環境の良さ、駅までの徒歩、眺望の良さ、物件の仕様、内装のきれいさ、最新の耐震設計、エリアの人気度などを踏まえトータルで良い物件を購入出来たのです。

ジョーティシュを学び、
運気の流れを読めるようになってから、
この時期をずっと待っていました。

この時期に焦点を当てて
ずっと準備してきたことが
すこしずつ形になってきていると実感します。

火星の時期は7年間と短いので、
短期決戦でここから突き進んでいきたいと思っています。

ただし、火星の中でも運気は多少浮き沈みしますし、
攻撃や怒りという方向に
エネルギーが向いやすくなりますので、

慢心することなく
チャレンジしていくエネルギーとして
これからも行動出来ればと思っています。

奇跡的な流れでとんとん拍子で進む

通常不動産を売却する際の利益は、
30%ほど税金がかかるのですが、

自宅を売却をする際は税金の控除があり、
900万円の税金も全くかからないという事で、
現金3000万円が綺麗に丸ごと残る形となりました。

購入した当初は、
場所もや相場を考えて、
10年後に価格が下がらなければ
嬉しいなという程度の思い購入しておりましたが、

中古物件なのに2倍近くに上昇しているのが
最初は理解できませんでした。

買った価格より高く売れる可能性がここまであるなんて、
新築時物件価格から、5年間も住んでいて、
約二倍近くに上昇している事に驚きました。

もともと投資に興味を持ち
勉強していたのですが、
ここまでの利益が出るとは…
という感じです。

この奇跡的な流れについては、
綿密な準備の元で進めてきたわけではありません。

流れとしては、
1月に偶然、チラシを見て
(知っている人が広告を出していたので)、

なんの準備もしていない状態で、
最近のマンションの動向についての話を聞きに行き、

なぜか売却についての検討を進め、
シシィさんに話をするととんとん拍子で話が進み、

2月に売却準備がほぼ終わり
3月には売却が決定しました。

その後コロナウイルスの影響で
実際の受け渡しは1ヶ月伸びたのですが、
社会全体不安定な経済の時期でしたが、ほんとうに有り難いことに無事に受領まで終わりました。

このような流れが出来たのも、
それは師である先生や
皆様に導いていただき、

かれこれ10年以上こうして
心理学やカウンセリング、ジョーティシュや
アーユルヴェーダ、アロマの学びをつづけられてるおかげです。

そのエネルギー源は、やはり運営させて頂いている
運命美容サロンやスクールのお客様に関われることです。

元来、
怠惰で道徳的でもない
無精者な私たちですので、

心理面、精神面でおおいに研鑽をつづけさせていただき、
成長の機会を存分に与えてもらったおかげだ確信しています。

ですので、流れに乗って進んでこられたのは、
あきらめることなくサポート頂いている賜物のおかげであり、
このようなひとつひとつの恩恵そのもののおかげだと感謝しています。

ちなみに、
大阪市内の物件価格は7年連続で上昇しており、
このマンション自体も
大阪で2番目の価格高騰をしている物件でしたが、

今回の3月4月の
コロナの影響で購入者がいない状況が続き、
マンション価格が今後下がっていくとも言われています。

さらに、マンション自体が築5年目になると、
投資用に持っていた方の税金が安くなるので、
価格が下がる事も予想されており、

まさに今しかないというタイミングで、
売却が決まってしまいました。

今年は良い年になりそうと!思った矢先にコロナ騒動…。

2020年も
ジョーティシュで運気の流れを見ながら、
今年は大幅に飛躍したいと考え
新体制を作っていくと決めていたことに対して、
天が後押ししてくれている感じを受けました。

そんな気持ちが盛り上がってきた中での
コロナ騒動で緊急事態宣言発令。

2020年の最初に考えてきたことが一切できなくなりました。

一時は愕然としてもう無理じゃないか…。
とやり切れない気持ちに苛まれました。

そして、当初の予定から
大きく軌道修正を余儀なくされましたが、

オンラインでの展開を進めるという
新たな道が課題としてやってきたおかげで、

コロナの影響で、
補助金なども例年よりも金額が大きいこともあり、
オンライン化を進めていくための
補助金も多く使える事が分かりました。

本当に分からない事ばかりで、
手探りな部分も多く、
日々混乱と困惑をしながらですが、

今多くのサポートや支援を受けながら、
背水の陣という感覚や
大きな展望やビジョンが実現していく

という希望を持ちプロジェクトを
進めていくことができていると感じます。

奇跡的な状況が起こり続けているのですが、
好転するってこういう事なのかな?と
やっと今まで言われてきたことが理解でき始めてきました。

一番お伝えしたい事

ただ、一番お伝えしたいのは、
やっと状況が変わってきたのですが、

ここまで平坦で順風満帆では
決してありませんでした。

もう嫌だ!と思って
何度も逃げ出したくなりましたし、
実際、何度も現実逃避してきました。

恥ずかしいですが、
何度も失敗を繰り返して、
悔しくて自分に腹が立つし、
泣きながらボロボロになっている事の方が
多かった気もします…(笑)

しかし、何としても しがみつき、
苦手なこと、嫌だと思うことには
あえてチャレンジし続けてきました。

こんな辛いのに、
なんで頑張る必要があるの!?
と何度も何度も心底で思いましたが、
諦められませんでした。

その理由は、
こんな未来を創るんだ!というビジョンがあったこと。

そして、ジョーティシュを学んで
この時期まで耐えて力を溜めるんだという
希望があったからだと思います。

こんな綺麗な理由を書いてますが、

その背景にある本音としては、
父を見返してやりたい!
という思いが原点かと思います。

まさしく禁止令の1個ですね(笑)

 

これが自分を成長させてくれたけど、
大きな制限となっていたことにも
最近になって気づかせて貰いました。
⇒何度も嗚咽しながら進んできました…。

また、「サレンダー(降伏・降参)する」
というのが全く理解できなかったのですが、

ジョーティシュを学んだことで
自分の運命を受け入れた時に、
運気の流れを信じてみようと思えました。

 

そして、
「どうしようもないから神様助けて!」
と考えて手放すことで、
今やるべきことに集中できるようになった気がします。

めちゃくちゃしんどい時に、

「大丈夫。
 運気は上下しているし、絶対悪い状況は続かない。
 今の自分が出来る精一杯やればいいんだ。」

 

そのように心から思い行動できたのも
ジョーティシュや運命について
学ぶことが出来たおかげかと思います。

そして、無理をしたり自分を責めるのではなく、
自分に出来ることを精一杯やって、
受け入れたくない結果もありますが、
結果がどうであれ受け入れるという事が大切かなと思いました。

苦しい時や悲しい時、どうしようもないと思える時はあります。

そんな時には、思いつめるのではなく、
どんな風になっていくのかは誰も分からないですし、
少し立ち止まって受け入れる。

自分を責めない。色んな人に相談する。
一人で考えすぎないという事を意識してもらえたらいいなと思っています。

長文になりましたが、最後までお読み下さりありがとうございました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP