ボイジャータロット 4 Emperor 皇帝

本日のボイジャータロットカードは大アルカナ Ⅳ Emperor 皇帝です。

大アルカナのカードが出る場合は、小アルカナのカードが出る場合よりも良い意味をもたらしてくれたり、力強い意味付けを与えてくれる場合が多いです。

ボイジャータロット 大アルカナ 4 Emperor 皇帝の意味

皇帝のカードは物質的・社会的な発展を象徴しています。

4という数字は建物の基礎を象徴しており、自分の世界を創造し発展させることを意味しています。

計画を立て目標に向かって行動し、突き進んでいくという意思を持ちます。邪魔をされたり、非難されたとしても、情熱の火を消すのではなく、怒りをモチベーションに変えて行動し道を切り開いていきます。

まっすぐとこちらを見つめる牡羊は、新しい事を始める力強さや連想させます。

カードに描かれている象徴

・アレクサンダー大王
・金の花輪
・王冠
・牡羊座の羊
・宝石箱
・太陽
・苗を持つ手
・火山
・クジラ
・コイン
・ツインタワー
・ピラミッドビル
・鷹
・キングフィリップ
・目の中の宇宙
・山の頂上
・地球

ボイジャータロット 大アルカナ 4 Emperor 皇帝が出たときは?

このカードが出たときは、心の奥にしまわれていて、いつの間にかため込まれた何等かの怒りがあることをまず認めましょう。
いったい自分が何に怒りを持ち、どんな気持ちでイライラしているのかを見直す事が必要かもしれません。

それから心の奥にしまわれている怒りの源泉を見直し、怒りの感情に紐づいている他の感情やその意味付けがあるのかを振り返ってみると良いでしょう。
なぜなら怒りの感情自体はただの感情のバロメーターであり、怒りそのものにはあまり意味はありません。
そこに気付いてほしい不具合をもたらしている感情があることをお知らせしているのです。

そのため、思いがけない感情や思いもよらない意味付けがそこに宿っていることがほとんどです。

例えば、行動できない、勇気が出ない、やらないといけない事があるのに動けない事の原因は、あなたが怒りを抑圧しているからかもしれません。

これらも分かりやすい思い込みの例ですが、「自分の中にある怒りにはどんな意味付けがあるのか、」何回も問いかけてみましょう。

その意味付け部分を調べてこそ、はじめてこの怒りのカードの意味が分かり、どのように自分が対応していけば良いのかがつかめていきます。

1回感じてみるくらいでは出てこないくらい自分の抑圧が強いかもしれませんし、ただ怒りの気分を取り除いたくらいで解決できるような甘っちょろいもんじゃないかもしれません。

何度も何度も繰り返し、チャレンジはやってきますが、自分の怒りの動機が分かると解決法はたやすくなるでしょう。

より良い未来を作るには

大アルカナのカードで4はEmpress 女帝を表しております。
そして、カップの4は女帝の感情を表しています。

怒りのカードを引いたときは、女帝を思い出しましょう。
女帝は母親という意味があり、生み出したモノを、育て、才能を開かせます。無条件の愛を持って癒しを与えます。

なので、怒りのエネルギーをそのまま放出するのではなく、生み出し、育て、とことん関わっていく、そして心地よさを与えるようなエネルギーに変えていけるように意識していきましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP