インド少年で話題 ジョーティシュ占星学は運命の学問】

『ジョーティシュ占星学』というのは、インドで5000年以上もの歴史のある学問であり占術方法です。

ジョーティシュ占星学は、【運命の学問】(または運命の科学・時間の科学)と言われています。

そしてアーユルヴェーダの身体へアプローチを占星術を活かしたのが、医療占星術(メディカルアストロロジー)という分野です。

関連記事はこちら


人類最大の免疫力向上は『メンタルマネジメント!』

今回のあちこちで「風の時代」の到来と言って
グレートコンジャクションの影響から、
インド占星術にも興味を持つ方も倍増しています。

以前、マツコ・デラックスさんの番組でも取り上げられた
14歳のインド占星術師の少年アビギャ・アナンドさんが、
『ジョーティシュ占星学』を用いて、
新型コロナウイルスの出現を
完全予言していたとネット上で話題になりました。

インド占星術(ジョーティシュ)では、
人は宇宙の一部という考えのもと
科学的に研究する天文学がベースとなり、

普遍的な惑星の動きと共に、
人間や社会の運命の流れを学問として
客観的、再現的に影響を扱う科学です。

ゆえにインド占星術(ジョーティシュ)は、
「運命の学問」、
または「時間の科学」と言われています。

占星術師の少年アビギャ・アナンドさんは、
今後のウイルスパンデミックを生き抜くために、
【意識を上げる事(意識改革)】が重要だと言っています。

スパイスなどで自己免疫力を上げる事も大切だと述べられていますが、
私たちの物質主義的な大量廃棄が出ているような社会的な大きな問題などが
私たちのカルマ(業)が影響していると述べられています。

中でも12月以降の木星と土星のコンジャクションが起こった時のスーパーバグ(ワクチンに対して免疫を持ったウイルス)についても、治療法は私たちの自己免疫力を上げる方法しかないという事を言っています。

自己免疫力を上げるには、スパイスや自然のモノを食べるという事を動画の中で言っていますが、アーユルヴェーダにはメンタルアーマなど、メンタル面からのアプローチが重要とされています。

肉体と精神は繋がっておりますので、
人類ができる最大の免疫力向上は
『メンタルマネジメント』とも言えます。

なぜなら、根本的な免疫力は、
メンタル=こころが行動を司り、
メンタル=こころが生活と身体を作っているからです。

もしかしたら、今後は
これまで私達が感じてきたストレスとは、
まったく違う次元の事柄が起こるかもしれませんが、

こころを学ぶことを
この地球を作り出した
「宇宙が求めている証」なのだと感じます。

意識を上げる=『メンタルマネジメント』

人間がいまこそ心理的にも精神的に成長することが
地球の波動的にも不可欠であり、

人間がこの宇宙との共生していくために、
天が人間のこころを育ててくれているのだと思います。

メンタルマネジメントを
土台からしっかり身に着けていくことは、
人間の因果がもたらした清濁、陰陽両方の結果であり、

ただただ自分たちだけの問題ではなく、
50年後、100年後の後世にもつながる
「調和的世界の招待」なのですね。

意識を上げる=『メンタルマネジメント』

人間がいまこそ心理的にも精神的に成長することが
地球の波動的にも不可欠であり、

人間がこの宇宙との共生していくために、
天が人間のこころを育ててくれているのだと思います。

メンタルマネジメントを
土台からしっかり身に着けていくことは、
人間の因果がもたらした清濁、陰陽両方の結果であり、

ただただ自分たちだけの問題ではなく、
50年後、100年後の後世にもつながる
「調和的世界の招待」なのですね。

昨年は変革と恩恵の年でした

私たちにとって2020年はオンラインシステムの大きな恩恵を受け取れた1年でした。

皆様と応援し合い、
占星学のあたらしい講座や、瞑想会、
アロマ占い心理学を一緒にオンラインに対応するために
オンラインのZOOMでの講座への移行に
チャレンジしました。

最初は接続や音声も上手くいかず、
皆さん慣れない状況でしたが、環境作りを工夫しながら、
スムーズに授業を受けられるように準備をして
皆さんが共に変化へ適合して下さったことに
心から感謝しております。

また、インストラクタークラスの皆さんと
半年以上かけてオンラインで
リーダーシップトレーニングを行い、
はじめてオンラインZOOMで
アロマ占いトライアル講座も開催できました。

インストラクタークラスの皆さんは
女性性のリーダーシップを学び、
集客や進行や内容の重役をすばらしく果たしながら、
ハートを開いた素晴らしい力を現在も育てています。

そのなかで、1番の幸せは、
「時間や空間を超えて
 皆様と繋がりを感じられる環境が
 できあがりつつあること」です。

オンラインになったことで、
より一層お一人おひとりの存在の大切さ、
仲間のかけがえのないありがたさを
身に染みて感じられました。

そんなありがたさを感じさせてくれる
コロナこそが心の豊かさそのものを与えてくれている
賜物だと振り返ります。

つくづく皆さんとの関わりを通して、
こうして育める関係性に喜びと敬意を感じています。

ですが、
社会の情勢もまだまだ予断を許さない状況ですし、
さらに加速していく可能性も考えられます。

ここでのコロナの学びは、
宇宙の更なる次元上昇にむけて
新たな可能性を与えてくれると確信しております。

その時々によって変化せざるを得ない状況が多々あり、
この先どうなるんだろうと不安になったり、
慣れない環境に飛び込まないといけなかったり、

みんながバラバラにいないといけなかったり、
今までと違う体制で対応する事になったり、
先が見えない不安を感じるようなこともあると思いますが

そのような感情を感じている時は
私たちにとって感情を癒していくチャンスでもありますので、
その感情がどこからきているのかなど
深く感じてみてください。

ただ、長年封印してきた感情は
感情そのものを感じにくくなっているので、

どうしていいかわからない方は
セッションにて紐解いていきますので
ご相談いただければと思います。

私たちのスピリット的には土の時代

今年は西洋占星術的には「風の時代」ということで盛り上がっておりますが、

じつはインド占星術的にみると「土の時代」への転換になります。

なぜなら、西洋占星術的は「社会」を表すホロスコープとしてみますが、

インド占星術のホロスコープは、私たちの「人間の本質や心、魂やスピリット、霊的な成長」を示します。

(※そのため、西洋とインドでは見ているホロスコープが違うので、「火から土」に変わります。)

今回のグレートコンジャクションは、
インド占星術的には、実は「やぎ座」で起こるのですが、
それが皆様にどのような影響を与えるのでしょうか。

やぎ座への入室は、過去の歴史を振り返ってみても、火山の爆発などの自然災害(天変地異)や、飢饉、戦争、疫病などが起こって来たそうです。

私たちの本質や心、魂やスピリットを示す性質は、火から土に変わります。

その流れは、形があるものを流動させ、
組織や物質の消費を発展させてきた
競争と支配がベースの「火の精神」から、

土台を安定させ、
落ち着きと心の豊かさを大事にしていくような
どんなことにも揺るがないセンタリングができる
精神の強さがベースの「土の精神」に流れると予想します。

なので、
社会そのものは風の時代になりますが、

これまでのような欲望的に何かを追い求めていく様な
激しい消費のエネルギーではなく、

心の中の純粋な幸せや質を追求していくような
緩やかで精神性の高い創造性のエネルギーが
私たちがつながっていくと思っています。

学歴よりも、財産よりも、
社会的ステータスといった外側の影響よりも、
人として共感力が必要であり、
人間力や内側の精神性が必要な時代へ。

昨年は心理的な問題を持っていることに対する
社会的な差別、偏見が依然としてあり、
心の問題に対して、カウンセリングを受ける、相談をすることを
社会的にネガティブに見る傾向が大きいことを
実感させられました。

これからは、心のメンタルマネジメントや
心的ケアができる人の育成や、
どんな職種であれメンタルケアを重視した
リーダーやマネジメントの精神的なあり方が変化していくことを
多くの人が望んでいると感じます。

それは、より広く心に向き合うことが
習慣化できるよう、
私たちは、心の中の純粋な幸せや質を追求して
緩やかで精神性の高い創造性のエネルギーを
育んでいくことです。

この力を私たちが上手に活用できると、
自然と運に恵まれ、チャンスやうれしい出来事が
近づいて宇宙に応援されて、
スムーズに成功していくと信じています。

それは、エゴや見かけや張りぼての幸せではなく、
心の底から幸せを感じられるような
エネルギーになるからです。

このような時代の流れの中で
私たちは何にフォーカスしていくと
無理なく楽々と進んでいくことができるのか?

占星学のジョーティシュ鑑定の中で
一緒に未来を設計していければと思います。

詳細とお申込みは以下のURLからご覧ください。


コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP