第2チャクラ(セイクラルチャクラ)とは?バランスが崩れた時の不調について紹介

こんにちは。
第2チャクラというと、瞑想をよくされる方にとってはおなじみのチャクラではないでしょうか?
呼吸を整えていく時に意識を落としていく、お腹の辺りのあの場所ですね。

今回は主に、この第2チャクラが担っているテーマと、第2チャクラのバランスが崩れた時に起こる不調についてご説明していきます。

第2チャクラの位置と体との関係

最初に、第2チャクラの場所はどこなのかを見ていきましょう。
第2チャクラの場所は、背中側で言うと仙骨の辺り、前側で言うと丹田の周辺になります。
子宮、卵巣、精巣、前立腺といった生殖器の他、大腸、泌尿器系、骨盤など、人間の腰の辺りにある臓器が第2チャクラの対応だということがわかりますね。
また、自律神経も第2チャクラの範囲になります。

第2チャクラのテーマと機能

第2チャクラのメインテーマが生命力、生命エネルギーです。

生命エネルギーは、私達の生きる欲求、根源的なエネルギーそのものです。
そしてこの生命エネルギーは、私達の「生きる」に繋がる全てのことに関係してきます。

五感や感情もそうですね。
五感が活性化することで創造力が開花し、芸術や音楽といったものが生み出されていきます。

そう言った意味で、生命エネルギーは創造のエネルギーでもあるのです。

また、第2チャクラは感情表現を司り、関係性を作る場所です。
関係性とは、他者との関係性の前に、自分との関係性を意味します。

自分との関係性が良ければ、他者とのコミュニケーションがスムーズになるのです。

つまり、第2チャクラのバランスが取れると、コミュニケーションの場所である第5チャクラが円滑に動くということになります。


チャクラというのは、それぞれが単体で思い思いに動いているのではなく、第2チャクラが整うから第5チャクラも整う、というようにお互いに連携し合っています。

自分との関係性が育まれ、自分の感情に責任を持てる時に初めて周囲との本当の意味でのコミュニケーションが取れるようになる、というように。

自分が自分のことをわかっていなくて、何を感じているのかもわかっていないのに、目の前の人と良い関係を築くなど出来ないのです。

そういう状態でやり取りをしても、ただの自己中心的で独りよがりな残念な状態に陥ってしまいます。

やはりそこで、自分との対話が出来ているか、在り方に気付いていけるかどうかがとても重要になってきます。

第2チャクラを整えて行くということは、自分を生きることと同意です。

それは、今、グラウディングしてここに生きているエネルギーの活性化、沸き起こる感情に責任を持ち、周囲と調和しながらダイナミックに創造し表現していく為には、第2チャクラの調整は必須であると言えますね。

第2チャクラのバランスが崩れた時に起こる不調とは

それでは、第2チャクラのバランスが崩れた場合、私達にどのような影響があるのでしょうか?

まず、身体に現れるものを見ていきましょう。

第2チャクラのバランスが崩れると

以下のような不調が起こりやすいとされています。

・婦人会系の病気
・前立腺の問題
・膀胱や腎臓の病気
・性的機能障害
・過敏性大腸炎
・腰痛
・坐骨神経痛


など、第2チャクラが対応している身体の各部位にダイレクトに不調が表れます。

では、第2チャクラのバランスを崩した時、精神面ではどのような影響が現れるのでしょうか?

第2チャクラは、「生命力の場所、生命エネルギー」の場所です。
そして、生命エネルギーはそのまま、「生きることで得られる喜び」に繋がります。

第2チャクラのバランスが崩れ、閉じ過ぎてしまった場合、人生に喜びが見いだせません。
情熱が沸かなくなるのです。

また、感情を抑圧し、楽しんではいけないと思ったりもします。
心地良さを感じてはいけないと思い、漠然とした罪悪感に苦しむことも起こり得ます。

安定しにくくなる

第2チャクラのような根源的なエネルギーの場所が乱れているということは、安定がしません。
グラウディングが出来ていない状態で生きることになってしまいます。

不安で心許ない状態になっていると、自分の内側のパワーを信じることが出来なくなります。
自分を信じられず、自分との関係性も作れず苦しいので、外側の世界に助けを求めます。

相手に依存したり、相手をコントロールしようとしますが、当然上手くいきませんし、本人もますます苦しくなるだけです。

また、性に対してブロックがかかったり、罪悪感を感じたり、無関心になったりもしますし、逆に奔放になり、自分を大切に扱わなくなることも出てきます。

「生きている」というのは、単に心臓が動いて呼吸をしているから、というものではありませんよね。

感情が動き、創造をし、自分や人とのコミュニケーションがある時に、私達人間は生きていると実感します。

そして、その私達の生きる欲求そのものを支えてくれているのが第2チャクラなのですね。

いかがでしたでしょうか?

今回は、生命力そのもの、第2チャクラについてご説明させて頂きました。

7つのチャクラは、どれも全て大切なものですが、最初に整えるチャクラとしては、第2チャクラは欠かせません。

第2チャクラの整え方は以下でご紹介しています。

第2チャクラのバランスが崩れると、心身両面で大きなトラブルに見舞われる可能性が高いこともわかりました。

日頃、私達が心や身体の健康を意識するように、チャクラのバランスを意識して整える、そういったことも、これからは普通になっていくといいですね。


それでは

本日もお読み頂いてありがとうございました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP